快眠への扉 Top >  快眠方法あれこれ >  筋弛緩法で快眠

筋弛緩法で快眠

スポンサードリンク

 筋弛緩法とは意識的かつ一時的に筋肉を緊張させた後、一気に緊張を解放させることでリラックス効果を得ようとするものです。「筋肉を弛緩させる」といっても中々意識的に行うことは難しいものですが、最初に緊張させるという反対の行為を行い、そのあと筋肉の緊張を解放させてやると、その反動でより深い弛緩状態をつくることができます。


 自分では意識していなくても、体の緊張は何がしか残っているものです。寝る前の一時、体の緊張だけでも解放させてやることは、きっと安らかな眠りへと誘う手助けになってくれることでしょう。


 筋弛緩法は布団またはベッドで横になったまま行うことができます。部屋を暗くして臥床し、さっそく実行してみましょう。


【筋弛緩法の行い方】
  力は最大限入れるのではなく、7割くらいの力で十分です。体の各部に力をこめる
 時間は5秒ぐらい。反対に弛緩させる時間は10秒ぐらいです。

 ①仰向けになって目を閉じ、全身の力を抜きます。

 ②手足は自然に伸ばした状態で。

 ③右手に握りこぶしをつくり、ぎゅっと力を入れます(5秒間)。

 ④右手の力を抜きます(10秒間)。

 ⑤④の間、緊張した状態と完全に力が抜けた状態と の違いを感じ取ります。

 ⑥③から⑤と同じ動作を左手に置き換えて行います。

 ⑦③から⑤と同じ動作を右足に置き換えて行います。

 ⑧③から⑤と同じ動作を左足に置き換えて行います。

 ⑨③から⑤と同じ動作をに置き換えて行います。

 ⑩③から⑤と同じ動作を全身に置き換えて行います。

 ⑪以上の全ての動作(③から⑩)を2~3回繰り返します。

         

快眠方法あれこれ

良質な睡眠を得るには、様々な要素が関係してきます。

それらを個々に解説していきながら、それぞれの要素が「眠り」にどの程度関係しているのかを知っていただきたいと思います。

快眠への一助となれば幸いです。

関連エントリー

入眠儀式で睡眠モードを作りだそう 快眠に適した食べ物 快眠には食事を摂る時間帯が大事 朝食と睡眠の関係 運動と快眠 寝る前の軽いストレッチで熟睡しよう 昼寝の効果 コーヒー、タバコと睡眠 お酒と睡眠 呼吸法で快眠 アロマテラピーで快眠 栄養素と睡眠(ビタミンB群) メラトニンの効能(快眠サプリメント) セントジョーンズワートの効能(快眠サプリメント) バレリアンの効能(快眠サプリメント) 牛乳の安眠への効果 レタスで快眠? チョコレートで快眠? 不眠と漢方薬 不眠に効くツボ 快眠と音楽 快眠と読書 筋弛緩法で快眠 食材の香りで眠りを誘う