快眠への扉 Top >  快眠方法あれこれ >  不眠と漢方薬

不眠と漢方薬

スポンサードリンク

 漢方のなかにも不眠に効くといわれているものがあり、漢方薬を扱っている薬局等で入手できるものがあります。病院によっては、医師が処方する場合もあります。漢方薬には不眠の原因となっている心身の不調を緩和する効果がうたわれています。ただし、「漢方薬には全く副作用がない」というものではないので、事前に医師や薬剤師等に相談し、きちんと情報を入手したうえで使用することが大切です。


 漢方薬は体質改善を目的としたもので、効き目が緩やかなのが特徴です。つまり即効性を過度に期待せず、その人の体質と症状に合ったものを飲み続けることが重要です。


 不眠症状の改善に使用される漢方薬には以下のようなものがあります。


■酸棗仁湯(さんそうにんとう)
  寝汗をかきやすく疲れているのに眠れない人、ダラダラ寝てしまう人に適している
  といわれています。


■紫胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  軽いイライラが原因となっている不眠に適しているといわれています。


■四逆散(しぎゃくさん)
  強いイライラが原因となっている不眠に適しているといわれています。


■十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
  寝汗をともなう不安感が原因の不眠に適しているといわれています。


■加味逍遥散(かみしょうようさん)
  眠れるようで眠れないときに適しているといわれています。


薬局で購入できる漢方薬のメーカー名には、ツムラ、カネボウ、小太郎などがあります。

参考:『ぐっすり眠る!37の方法』狩生聖子著 (宝島新書)
    『超「快眠」法』三輪恵美子著 (成美文庫)

         

快眠方法あれこれ

良質な睡眠を得るには、様々な要素が関係してきます。

それらを個々に解説していきながら、それぞれの要素が「眠り」にどの程度関係しているのかを知っていただきたいと思います。

快眠への一助となれば幸いです。

関連エントリー

入眠儀式で睡眠モードを作りだそう 快眠に適した食べ物 快眠には食事を摂る時間帯が大事 朝食と睡眠の関係 運動と快眠 寝る前の軽いストレッチで熟睡しよう 昼寝の効果 コーヒー、タバコと睡眠 お酒と睡眠 呼吸法で快眠 アロマテラピーで快眠 栄養素と睡眠(ビタミンB群) メラトニンの効能(快眠サプリメント) セントジョーンズワートの効能(快眠サプリメント) バレリアンの効能(快眠サプリメント) 牛乳の安眠への効果 レタスで快眠? チョコレートで快眠? 不眠と漢方薬 不眠に効くツボ 快眠と音楽 快眠と読書 筋弛緩法で快眠 食材の香りで眠りを誘う