快眠への扉 Top >  快眠方法あれこれ >  レタスで快眠?

レタスで快眠?

スポンサードリンク

 西洋には古来から「レタスを食べるとよく眠れる」という言い伝えがあります。これはレタスに「ラクッコピコリン」や「ラクッシン」という物質が含まれているためです。レタスの茎の部分を切ったときに出る白い液体がそれであり、この物質に鎮静作用や催眠作用があるといわれています。


 レタスと一口にいっても、その種類は豊富であり、品種によってこれらの物質の含まれている量は異なります。私たちが日常食事でよく口にする丸いかたちのレタス(玉レタス。クルスプヘッド型とも呼ばれアメリカで改良されたもの)には、それほど多く含まれていないようです。最も多く含まれているのは、ヨーロッパ種のラクツーカ、ビローサと呼ばれている葉レタス類です。その次に含有量の多いものとして、あのサニーレタスやチュシャ(サンチュ)が挙げられます。


 これらの作用が働いて誘眠効果や安眠効果が現れるためには、一日にレタス4分の1個を食べる必要があるとのこと。なかなか、これほどの量は食べれません。加熱するとかさを減らすことができるので、温野菜としてなら食べることができるかもしれません。


 そこでレシピをひとつ御紹介。それは「レタススープ」です。

【レタススープの作り方】
  500mlの水に塩を少々入れてレタス1個を20分程度煮込みます。その後、煮汁を濾せば「レタススープ」の出来上がりです。超簡単。塩以外の味付けはお好みでどうぞ。

 このレタススープ、いかにレタスに快眠効果があるといわれても、レシピを見るかぎり美味しそうな感じがしませんね・・・。管理人も未だ試せずに現在に至っています。近々、挑戦してみたいと考えているので、その結果(味と効果)のほどは、日を改めて報告させていただきます。

参考:『超「快眠」法』三輪恵美子監修 (成美文庫)
   『ぐっすり眠れる快眠BOOK』グッドスリープ研究会(オデッセウス出版)

         

快眠方法あれこれ

良質な睡眠を得るには、様々な要素が関係してきます。

それらを個々に解説していきながら、それぞれの要素が「眠り」にどの程度関係しているのかを知っていただきたいと思います。

快眠への一助となれば幸いです。

関連エントリー

入眠儀式で睡眠モードを作りだそう 快眠に適した食べ物 快眠には食事を摂る時間帯が大事 朝食と睡眠の関係 運動と快眠 寝る前の軽いストレッチで熟睡しよう 昼寝の効果 コーヒー、タバコと睡眠 お酒と睡眠 呼吸法で快眠 アロマテラピーで快眠 栄養素と睡眠(ビタミンB群) メラトニンの効能(快眠サプリメント) セントジョーンズワートの効能(快眠サプリメント) バレリアンの効能(快眠サプリメント) 牛乳の安眠への効果 レタスで快眠? チョコレートで快眠? 不眠と漢方薬 不眠に効くツボ 快眠と音楽 快眠と読書 筋弛緩法で快眠 食材の香りで眠りを誘う