快眠への扉 Top >  快眠に効果的な入浴 >  足浴の快眠効果

足浴の快眠効果

スポンサードリンク

 足が冷えきって眠れないときや、何らかの事情で入浴できないとき、時間がないときなどに、足を温める「足浴」だけでも安眠効果が期待できます。


 通常、眠くなると手足が自然と温かくなります。これは手足の血管が拡張し、眠るための準備を整えているからだといわれています。手足に血液を集めることで、そこから体温を逃がし、体の深部体温を下げているのだと考えられています。足浴はこの状態を意図的につくりだしてやることができるのです。このときに同時に手の方も温めるようにすると更に効果的です。


 洗面器やバケツなどの容器に少し熱めのお湯、40~42℃くらいのお湯をはり、くるぶしあたりまでお湯の中に浸します。時間は約10分ほど。そのときさらに塩をひとつまみ入れておくと、血行促進効果が強くなります。また、アロマ用のエッセンシャルオイル(精油)を数滴垂らして、リラックス気分を味わうのもよいでしょう。

  
 また、足には重要なツボが集中しています。眠りやリラックスに効果があるとされるツボもあります。足浴することでその部分の血流もよくなりますのでマッサージするのに近い効果も得ることができます。

         

快眠に効果的な入浴

毎日の習慣的な行為『入浴』。

入浴には様々な効能があります。

眠りを誘う効果的な入浴方法を御存知でしょうか。

お湯の温度、入浴時間、入浴する時間帯。

入浴の偉大なパワーで、安らかな眠りを獲得しましょう。

関連エントリー

入浴の効果 安眠に効果的な入浴温度と時間 入浴する時間帯と床に就くタイミング シャワーで快眠 足浴の快眠効果