快眠への扉 Top >  快眠のための寝具と環境 >  寝間着・パジャマ

寝間着・パジャマ

スポンサードリンク

 寝具である寝間着やパジャマに着替えず、ジャージやスウェットなどの室内着のまま眠る人が意外に多いのではないでしょうか。


 一般的に、ジャージやスウェットなどの室内着は快適な睡眠を得るためには不向きとされています。ジャージの本来の目的は運動するための服であり、丈夫であることと外気に触れても体温の放出を防ぐ機能を持っています。そのため生地が厚くできており、寝間着やパジャマの代用としては適していません。


 厚手の布地が寝返りを妨げたり、必要上に熱がこもることになるため、快適な睡眠を得にくいのです。睡眠のことを考えるのなら、たとえ冬場でも寝間着には薄手のものが適しています。


 寝間着に求められる機能は、「吸湿性」と「運動性」です。就寝中にしっかり汗を吸収してくれることと、不必要に体を締め付けず、自然な寝返り・体の動きを束縛しないことが重視されます。


 上記の視点で、自分好みの寝間着・パジャマを選ぶとよいと思いますが、その際にサイズや材質にも気を配りたいところです。サイズとしては、上半身の動きが妨げられないよう、ある程度ゆったりしたものを選択したいものです。だからといって、大きすぎたり長すぎたりするものは逆に体にまとわりつくので好ましくありません。襟元が詰まったものやウエストのゴムがきついものは、体を圧迫するので安眠を妨げる一要因となります。一方、素材としては吸湿性に優れ洗濯にも耐える「綿」や、独特の肌触りのよさと吸湿性・放湿性ともに優れた「シルク(絹)」が適しているといえるでしょう。


 ジャージやトレーナー、スウェットなどは、室内着としてリラックスできる服ではあります。しかし、寝る際に寝間着やパジャマに着替える行為は「入眠儀式」としても非常に意味のあることです。面倒くさがらずに、今日から寝間着やパジャマに着替えてみることを習慣にしてみませんか。きっと安らかな眠りや快適な眠りが訪れることと思います。

         

快眠のための寝具と環境

寝具と寝室環境。これらと睡眠との間には深い関係があります。

人生の3分の1を眠って過ごすことになる私たち人間。

寝具と寝室環境の大切さについて、もう少し気を配る必要があるのではないでしょうか。

関連エントリー

快眠とベッド(マットレス)との関係 快眠・安眠に適した枕とは 自分に合った枕の高さを測ろう 枕の素材 枕の種類 快眠・安眠に適した掛け布団とは 快眠・安眠に適した敷布団とは 寝床内環境とは(掛け布団と敷布団の組み合わせ) 寝具の手入れ・メンテナンス 寝間着・パジャマ 快眠・安眠と寝室環境① 快眠・安眠と寝室環境②