快眠への扉 Top >  快眠のための寝具と環境 >  寝具の手入れ・メンテナンス

寝具の手入れ・メンテナンス

スポンサードリンク

 何日もの間、掛け布団などの寝具に吸収された汗を放出させるためには、定期的に天日干しをする必要があります。太陽の光によって殺菌の効果も同時に期待できます(風通しのよい場所で陰干しするのも可)。ただし、長時間干しすぎると(特に夏場の場合)、素材を痛めてしまう原因になってしまうことと、布団の中に熱がこもってしまい、夜間の寝苦しさに繋がる可能性があります。


 布団干しに最適な時間帯は、午前10時から午後2時くらいの間(これ以外の時間帯では逆に湿気が布団に吸収されてしまう)とされており、この間の1時間ほどの天日干しで十分湿気を取り除くことが可能です。また、天気のよくない日や梅雨など天候の不安定な時期には、布団乾燥機を使用するという方法もありまし、扇風機を使用したり、たとえ室内であっても、風通しのよい窓のそばで椅子などの背もたれに掛けておくだけでも湿気を取り除く効果があります。


 それから、布団叩きで叩きまくる様子をよく見かけますが、それは絶対してはいけないこととされています。羽毛布団の場合、ほこりを吸収しないため意味がないことです。そして羽毛であるないに関わらず、何よりも詰め物である綿や生地が切れてしまい、布団の寿命を縮めてしまう可能性があります。布団叩きを使用するのはタブーであると理解しておきましょう。


 そのほか、気をつけたいところは布団カバー、シーツ、枕カバーなどの取り扱いです。寝具に直接汚れが付着するのを防ぐ役割だけでなく、汗などを吸収してくれる大切な役割を持っています。これらは家庭で丸洗いできるものですので、頻繁に洗濯して清潔な状態を保ちたいものです。


 寝具はかさ張るものだけに手入れが大変だという側面もありますが、一生のうちの約3分の1は寝床にいることを考えると、寝具に対する考え方、手入れやメンテナンスについてもう少し配慮していく必要があるのではないでしょうか。

         

快眠のための寝具と環境

寝具と寝室環境。これらと睡眠との間には深い関係があります。

人生の3分の1を眠って過ごすことになる私たち人間。

寝具と寝室環境の大切さについて、もう少し気を配る必要があるのではないでしょうか。

関連エントリー

快眠とベッド(マットレス)との関係 快眠・安眠に適した枕とは 自分に合った枕の高さを測ろう 枕の素材 枕の種類 快眠・安眠に適した掛け布団とは 快眠・安眠に適した敷布団とは 寝床内環境とは(掛け布団と敷布団の組み合わせ) 寝具の手入れ・メンテナンス 寝間着・パジャマ 快眠・安眠と寝室環境① 快眠・安眠と寝室環境②