快眠への扉 Top >  快眠のための寝具と環境 >  寝床内環境とは(掛け布団と敷布団の組み合わせ)

寝床内環境とは(掛け布団と敷布団の組み合わせ)

スポンサードリンク

 寝床内環境は「寝床内気象」とも呼ばれており、寝ているときの布団のなかの環境のことをいいます。つまり、掛け布団と敷布団の間の空間の状態、具体的には温度と湿度をさす言葉として使われ、快眠のためには欠かせない要素となっています。


 私たちが就床すると、寝床内の気温は体温によって次第に上昇していきますが、ある温度以上には上がらない状態になります。これは、皮膚から発散される熱量と寝具から放出される熱量との間でバランスが保たれるからです。このときの温度を寝床内気温と呼んでいます。この温度が就寝中の体温を超えるようなものだと汗をかきます。


 一方、私たちは睡眠中に汗や皮膚呼吸を通じて体外へ水分は排出させています。これらの湿気は、掛け布団や敷布団に吸収されます。したがって、寝具には透過性の機能を有している必要があります。汗などの湿気でムンムンしているような寝床では快適な睡眠は得られません。つまり不快を感じないような一定の湿度に保たれていることが望ましいわけです。


 最適な寝床内気象は、温度33℃±1℃(寝床内気温)、湿度50%±5%(寝床内湿度)とされています。


 この快適な寝床内気象を1年通じて保つためには、掛け布団敷布団が優れた機能(保温性、吸湿性、放湿性)を持っていることと、以下のように季節や室温に応じて寝具の組み合わせを適宜替えていくことが必要になってきます。


【室温による掛け布団の組み合わせ例】

  ■室温5℃前後
   羽毛肌掛け布団、羽毛掛け布団、ウール毛布

  ■室温10℃前後
   羽毛掛け布団、ウール毛布(または綿毛布)

  ■室温20℃前後
   羽毛掛け布団

  ■室温25℃前後
   羽毛肌掛け布団

  ■室温25℃以上
   綿毛布またはタオルケット

 (参考:『保存版 快眠・安眠できる本』(あすか書房))
 (参考:『超「快眠」法』三輪恵美子著(成美文庫))

 寝床内の湿度を調整するには、「タオルケット」や「綿毛布」が便利です。これらは素材が綿であるため、吸湿性に優れているため汗などの水分を吸収し快適な寝床内環境をつくることができます。また、手軽に洗濯することができるなど取り扱い性にも秀でています。夏場だけでなく冬場も積極的に使用したい寝具のうちのひとつです。

         

快眠のための寝具と環境

寝具と寝室環境。これらと睡眠との間には深い関係があります。

人生の3分の1を眠って過ごすことになる私たち人間。

寝具と寝室環境の大切さについて、もう少し気を配る必要があるのではないでしょうか。

関連エントリー

快眠とベッド(マットレス)との関係 快眠・安眠に適した枕とは 自分に合った枕の高さを測ろう 枕の素材 枕の種類 快眠・安眠に適した掛け布団とは 快眠・安眠に適した敷布団とは 寝床内環境とは(掛け布団と敷布団の組み合わせ) 寝具の手入れ・メンテナンス 寝間着・パジャマ 快眠・安眠と寝室環境① 快眠・安眠と寝室環境②