快眠への扉 Top >  睡眠障害 >  睡眠時無呼吸症候群の症状、診断基準・判定基準

睡眠時無呼吸症候群の症状、診断基準・判定基準

スポンサードリンク

 睡眠時無呼吸症候群の症状診断基準・判定基準を以下に示します。


睡眠時無呼吸症候群の症状
 ・激しいいびきがある

 ・睡眠中の体動が激しい

 ・無呼吸によって夜間の睡眠が分断化されるため、中途覚醒の頻度が
  多くなる

 ・日中の眠気が強くなり、集中力の低下が認められる

 ・疲れやすい

 ・顔面のむくみがある、顔色がすぐれない(赤黒く、口唇がチアノーゼ
  状態を呈する)

 ・長期的に続くと性格的な変化も現れるという(たとえば几帳面な性格が、
  無造作で投げやりになる等)

 ・起床時の頭痛
 
 ・インポテンツ(ED)


睡眠時無呼吸症候群の診断基準・判定基準
 ・10秒以上持続する呼吸停止(無呼吸・低呼吸指数)が
  1時間あたり5回以上

 ・レム睡眠およびノンレム睡眠の双方で、10秒以上持続する無呼吸が、
  一晩に30回以上

 ・毎晩のように大きないびきをかく

 ・熟睡感がなく、日中眠気がある。

 ・起床時、口の中が乾燥している(睡眠時に口呼吸になるため)

 ・起床時に頭重感がある。


以下の項目もあわせて、ご覧下さい。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群の種類(タイプ)

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群の治療法

         

睡眠障害

夜なかなか寝付けない・・・、日中何度も睡魔に襲われ、気がついたら眠っていた・・・、等々。

多くの方にとって、一度は身に覚えのある出来事ではないでしょうか。

でも、このような症状が慢性化したら・・・。睡眠障害と呼ばれるものについて解説していきます。

関連エントリー

睡眠障害とは 不眠症の定義 精神生理性不眠症 不眠症の改善 ナルコレプシーとは 過眠症候群 睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群の原因 睡眠時無呼吸症候群の症状、診断基準・判定基準 睡眠時無呼吸症候群の種類(タイプ) 睡眠時無呼吸症候群の検査 睡眠時無呼吸症候群の治療法 むずむず肢症候群 - 横になると手足がむずむずして眠れない 周期性四肢運動障害 - 睡眠中に手足が勝手に動き出す 夜鷲症 - 突然激しい叫び声をあげて目を覚ます 睡眠相後退症候群 と 睡眠相前進症候群 レム睡眠行動障害とは いびき(鼾) 歯ぎしり 歯ぎしりの原因と治療 金縛り 夢遊病 睡眠障害の治療を行っている医療機関【北海道・東北(秋田、栃木)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【関東(東京、千葉、埼玉)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【北陸(富山、石川、福井、新潟)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【中部(愛知・名古屋、静岡)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【近畿(大阪、滋賀)、四国(香川)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【中国(岡山、広島)、九州(福岡、鹿児島)、沖縄】