快眠への扉 Top >  不眠症と睡眠薬(睡眠導入剤) >  睡眠薬(非バルビツール酸系)

睡眠薬(非バルビツール酸系)

スポンサードリンク

 非バルビツール酸系はバルビツール酸系の睡眠薬の欠点を改善することを目的に開発され、登場した睡眠薬です。


 非バルビツール酸系はバルビツール酸系と比べ睡眠作用が弱いという特徴があります。また、副作用として依存症の問題も出現したり、投与を中止したあとの禁断症状も相変わらず認められたため、現在では補助的な用途を除いては、ほとんど使用されてないようです。
 

種類としては以下のものがあります。


種類
■中等時間作用型①
 一般名:ブロムワレリル尿素
 商品名:ブロバリン

■中等時間作用型②
 一般名:エチナメート
 商品名:バラミン

■中等時間作用型③
 一般名:ペルラピン
 商品名:ヒプノジン

■中等時間作用型④
 一般名:ブトクタマイド
 商品名:リストミンS

参考資料: 不眠症「眠れない」からの脱却、保坂 隆著

         

不眠症と睡眠薬(睡眠導入剤)

不眠に悩まされたことのない多くの人々にとって、「睡眠薬」に対して抱くイメージとはどういうものなのでしょうか。

不眠症に悩む人が、良質な睡眠を獲得する手段となっているのが睡眠薬です。

最近の睡眠薬と眠りの関係について解説していきます。

関連エントリー

不眠症に有効な睡眠薬(睡眠導入剤) 睡眠薬(睡眠導入剤)と正しくつきあう 睡眠薬(睡眠導入剤)の種類 睡眠薬(バルビツール酸系) 睡眠薬(非バルビツール酸系) 睡眠薬(ベンゾジアゼピン系) 睡眠薬(睡眠導入剤)の正しい使い方 睡眠薬(睡眠導入剤)の主な副作用 睡眠改善薬