快眠への扉 Top >  快眠方法あれこれ >  お酒と睡眠

お酒と睡眠

スポンサードリンク

 お酒を飲んだときにはリラックス効果があり、また寝つきが良くなるように感じられた経験がある人は多いことでしょう。お酒を飲むことによって、確かに寝つきはよくなるようです(入眠促進効果はある)。このことは多くの方が実感しておられることでしょう。


 しかし、これに味を占めて毎晩飲んでいるといつの間にかお酒の量が増え、最終的にアルコール依存症になってしまった、ということでは本末転倒です。このようなことが無いように嗜好品であるお酒に頼らずに、眠るための工夫をすることが大切です。最も強調しなくてはいけないことは、お酒すなわちアルコールは睡眠の質を悪くするということです。いくら寝つきがよくなったとしても、良質な睡眠を得られなければ逆効果です。


 お酒による眠りは、眠りの深さが浅く途中で覚醒する頻度が多くなり、眠りのリズムが不安定になります。アルコールには利尿作用もありますので、夜間にトイレに行きたくて目が完全に覚めてしまったということにもなりまねません。さらにはアルコールが体内で分解される際に水分を奪ってしまいます。夜中に喉が渇いて目が覚めるということも考えられます。このようにお酒に頼って入眠すると、ノンレム睡眠もレム睡眠も十分でないまま朝を迎えてしまうことになります。


 さらに上記でも触れたようにお酒に対する耐性ができてしまい、徐々にアルコール摂取量が増えてきたり、アルコールを飲まないと入眠できない体質になってしまう可能性もあります。


 しかし、アルコールを嗜みながら食事することは食欲増進の効果もあり、適量であれば好ましい面も多いことでしょう。食事の時間と寝床に入る時間の間が開いていれば、睡眠の質に与える影響についてそれほど神経質にならなくてもよいと思います。


 本来アルコールは体にとって異物という存在です。就寝中もアルコールを分解するために内臓に負担をかけ、エネルギーを消費するのです。お酒・アルコールを入眠儀式にすること(寝酒、ナイトキャップ)は、睡眠の質はもちろんのこと体にとってもよいことではありません。睡眠中は体をしっかりと休ましてあげたいものです。


 

         

快眠方法あれこれ

良質な睡眠を得るには、様々な要素が関係してきます。

それらを個々に解説していきながら、それぞれの要素が「眠り」にどの程度関係しているのかを知っていただきたいと思います。

快眠への一助となれば幸いです。

関連エントリー

入眠儀式で睡眠モードを作りだそう 快眠に適した食べ物 快眠には食事を摂る時間帯が大事 朝食と睡眠の関係 運動と快眠 寝る前の軽いストレッチで熟睡しよう 昼寝の効果 コーヒー、タバコと睡眠 お酒と睡眠 呼吸法で快眠 アロマテラピーで快眠 栄養素と睡眠(ビタミンB群) メラトニンの効能(快眠サプリメント) セントジョーンズワートの効能(快眠サプリメント) バレリアンの効能(快眠サプリメント) 牛乳の安眠への効果 レタスで快眠? チョコレートで快眠? 不眠と漢方薬 不眠に効くツボ 快眠と音楽 快眠と読書 筋弛緩法で快眠 食材の香りで眠りを誘う