快眠への扉 Top >  快眠方法あれこれ >  メラトニンの効能(快眠サプリメント)

メラトニンの効能(快眠サプリメント)

スポンサードリンク

 ここ数年アメリカで大きな話題となっているホルモンがあります。それが『メラトニン』と呼ばれるホルモンです。


 このメラトニンは暗さに反応して、主に夜間から早朝にかけて脳の松果体から分泌され、眠気をさそう働きがあります。一方、昼間はメラトニン分泌が抑制されています。このホルモンの分泌は一般的に年齢とともに減少し、とりわけ高齢者やうつ病患者は、分泌量が低下していると指摘されています。


 メラトニンは人間の病原菌に対する免疫力を高めたり、老化防止の効果が期待されているだけではなく、体全体のホルモンのバランスを調整するといわれています。私たちの体はたくさんのホルモンの微妙な関係のうえに成り立っていますので、メラトニンは非常に重要な役割を担っています。


 また、メラトニンには、体内時計をコントロールする働きがあるということも報告されており、睡眠の質を改善し睡眠の導入を容易にすることが示されています。


 現在、アメリカでは、メラトニンを不眠症状の改善や時差ぼけの解消、若返りのためのサプリメントとして、薬局やスーパー等で入手することが可能です。


 メラトニンを服用すると、眠りに入るまでの時間と、眠りに入るとレム睡眠の出現するまでの時間が短縮されるといわれています。メラトニンを服用することによって体内時計が修正され入眠を誘うことから、時差ぼけ解消サプリメントとしてビジネスマン達に重宝されています。


 サプリメントとしてメラトニンを摂取した場合の健康被害や副作用(特に効果が翌日まで持続して、日中眠気に悩まされるなど)は、これまでのところ特にないとされています。一方、日本ではまだ基礎研究段階の域にあり、厚生労働省もメラトニンを薬剤として、もちろんサプリメントとしても認可されていません。


 『快眠・安眠グッズ』においても、メラトニンを紹介しています。よろしかったら御覧ください。

         

快眠方法あれこれ

良質な睡眠を得るには、様々な要素が関係してきます。

それらを個々に解説していきながら、それぞれの要素が「眠り」にどの程度関係しているのかを知っていただきたいと思います。

快眠への一助となれば幸いです。

関連エントリー

入眠儀式で睡眠モードを作りだそう 快眠に適した食べ物 快眠には食事を摂る時間帯が大事 朝食と睡眠の関係 運動と快眠 寝る前の軽いストレッチで熟睡しよう 昼寝の効果 コーヒー、タバコと睡眠 お酒と睡眠 呼吸法で快眠 アロマテラピーで快眠 栄養素と睡眠(ビタミンB群) メラトニンの効能(快眠サプリメント) セントジョーンズワートの効能(快眠サプリメント) バレリアンの効能(快眠サプリメント) 牛乳の安眠への効果 レタスで快眠? チョコレートで快眠? 不眠と漢方薬 不眠に効くツボ 快眠と音楽 快眠と読書 筋弛緩法で快眠 食材の香りで眠りを誘う