快眠への扉 Top >  快眠のための寝具と環境 >  快眠とベッド(マットレス)との関係

快眠とベッド(マットレス)との関係

スポンサードリンク

 快眠を得る手段としては、寝具が大変重要な位置を占めています。寝具のひとつにベッドが挙げられます。ベッドを選択する際に重視する視点として、ベッドフレームのデザイン、大きさ(サイズ)、マットレスの固さ、価格など様々なものがあります。快眠が得られるかどうかに関わってくる大切なベッド。また、人生の三分の一は寝ているわけですから、時間をかけて選択し、予算が許す範囲で納得できるベッドを選びたいものです。


ベッドフレームのデザイン
 デザインだけは個々人の好みに左右されるだけに、できるだけ多くの種類のベッドを目で見て選択するしかありません。ベッドフレームはベッドの顔にあたる部分です。細部のディテールにもこだわりたいところ。そして、寝室の雰囲気にマッチするかどうかも選択のポイントのひとつでしょう。

 また、ベッドフレームには、頭側のベッドボードに小物が置けるようになっているものや、サイドフレームに衣類などを収納できるように引き出しが付いたものなどがあります。このような機能はあれば何かと重宝します。


大きさ(サイズ)
 ベッド・マットレスのサイズにはセミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、ワイドダブル、クイーンまたはそれ以上のサイズのものがあります。日本では一般的な家の広さから考えると、ダブルサイズまでのものが普及しています。


マットレスの固さ
 ベッドのデザインだけに目を奪われずに、気に入ったベッドをみつけたら必ず座ったり、横になって調べてみることが大切です。なぜならマットレスの固さが寝心地、すなわち睡眠の質に影響を与えるからです。実際に横になってみないと、体の沈み込み具合や寝心地、起き上がるときのスプリングの具合などがわかりません。ダブルベッドなどでは、二人で横にならないと振動の伝わり方を確認することができません。ただし、お店に飾ってあるものなので、座ったり横になったりする際は、かならず店員に断ってから試す方が無難でしょう。

 柔らかすぎると体(特に腰のあたり)が沈み込み、不自然な寝姿勢になるため安眠できません。固すぎると体の一部に体重がかかって血行が悪くなるなどの影響があります。

 適正な体圧分散ができるかということと、 体の沈み込み具合(快適な寝姿勢が得られるか)が、快眠を得るためには重要です。

 マットレスの固さを左右するものとして、コイル(ばね)があります。コイルは体圧を分散させ、揺れや振動を吸収する役目を担っています。外観からは確かめることは困難ですが、断面構造もディスプレイされていたり、大抵パンフレットに明示されているので是非確認しておきたい点です。マットレスのコイルには、一般的に「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」と呼ばれるものがあります。

 その特徴として、一般的にボンネルコイルのマットレスの方が寝心地が硬いといわれています。コイル自体の数はポケットコイルの方が倍以上多く、ポケットコイル・マットレスは体を点で支持するため、体に負担をかけず無理のない姿勢を維持できるとされています。もちろんポケットコイルの方も好みに応じて固さを選択できるようになっています。一般的に、コイルの直径が小さくて数が多いほど、体圧を適度に分散させることができます。(※ポケットコイルとは、スプリングをひとつひとつ布で包んで独立させており、1箇所の振動がマットレス全体に伝わる現象を軽減しています)

 また、コイルの上には通常「詰物層」と呼ばれる素材が敷かれています(通常、マットレスは3層構造になっていることが多い)。この素材によっても睡眠環境は微妙に影響を受けます。素材としては低反発ウレタンフォームラテックス、ポリエステルなど、種類は多岐に渡ります。また、その性能もフィット感を重視したもの、衛生面に配慮したもの、吸湿性に優れたもの、価格に配慮したもの、などなど多くの種類のものがあります。 

 マットレスは腰(おしり)に当たる部分に最も荷重がかかるため、3ヶ月に1回くらいは上下を置き換えたり、表裏にするなどのメンテナンスをすると長持ちします。


価格
 大きさや機能、素材によって、価格もまちまちです。高機能なものほど一般的に価格が高くなる傾向にあるようですが、価格の高さと睡眠の質の高さは必ず一致するとは限りません。実際に目で見て、触れて、座って、横になって、そして最後は納得して購入することが大切です。


ベッドパッド
 ベッドパッド(敷きパッド)とは、マットレスとシーツの間に敷き、私たちが眠っている間にかく汗を吸い取ってくれるパッドのことです。ベッドの湿気による痛みを防ぐためにも是非とも使いたいアイテムです。

         

快眠のための寝具と環境

寝具と寝室環境。これらと睡眠との間には深い関係があります。

人生の3分の1を眠って過ごすことになる私たち人間。

寝具と寝室環境の大切さについて、もう少し気を配る必要があるのではないでしょうか。

関連エントリー

快眠とベッド(マットレス)との関係 快眠・安眠に適した枕とは 自分に合った枕の高さを測ろう 枕の素材 枕の種類 快眠・安眠に適した掛け布団とは 快眠・安眠に適した敷布団とは 寝床内環境とは(掛け布団と敷布団の組み合わせ) 寝具の手入れ・メンテナンス 寝間着・パジャマ 快眠・安眠と寝室環境① 快眠・安眠と寝室環境②