快眠への扉 Top >  快眠に効果的な入浴 >  安眠に効果的な入浴温度と時間

安眠に効果的な入浴温度と時間

スポンサードリンク

 入浴には体の汚れを落とし、一日の疲労を癒すリラックス効果のほかに、安眠を誘う効果があります。ただし、入浴温度入浴時間によっては、逆効果になる場合もあるので注意が必要です。


 睡眠を誘うには、ぬるめの湯温の方が適しています。一般的に、お風呂の温度は42℃くらいと言われていますが、この温度では高すぎます。


 快眠には、38℃から40℃くらいのぬるめのお湯に、20分から30分ほど浸かることがよいとされています。


 ここで、入浴によって体を温めることが快眠へとつながる理由を理解するために、自律神経の機能について説明したいと思います。私たち人間の自律神経は「交感神経」と「副交感神経」から成り立っています。そして、自分の意志とは無関係に、状況に応じてどちらかの機能が優位になるなど常にバランスをとって働いています。


 交感神経が優位になると心身ともに臨戦態勢に入ります。血圧と体温が上昇し、脈拍・呼吸数ともに多くなり、精神的には緊張状態になります。反対に副交感神経が優位になると、心身ともにリラックスし、血圧と体温も低下し、脈拍・呼吸数ともに少なくなります。つまり、入眠体勢に入るには副交感神経が優位になっている必要があり、お湯の温度によって、どちらの神経系が優位になるかが変わってきます。


 熱い湯は、その熱さがストレスとなるため、交感神経の働きを活性化して覚醒状態をもたらします。それに対し、ぬるめのお湯に比較的長い時間浸かることは、体の深部がゆっくりと温められるため、血液の循環が程よく活性化され、昂ぶった神経を沈めてくれます。このように副交感神経が優位になるため、安眠効果が期待できるのです。


 入眠を促進するためには、脳や内臓の温度、つまり深部体温を下げる必要があります。これは一見、、ぬるめのお湯といえども入浴して体を温めることと相反するようにみえます。上がりすぎた体温を下げるのには時間を要しますが、ぬるめのお湯に浸かって適度に体温が上昇した場合は、かえってそれを下げようとする作用が強く働きます。


 もともと体温は夕方頃にそのピークを迎え、それ以降時間とともに徐々に下がっていきます。この自然な体温低下の生理的リズムと、ぬるめの入浴によって上がった体温を下げようとする働きとの相乗作用によって急速に体温が下がるのです。このような理由から、快眠へと誘うにほ、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることが効果的になるのです。

         

快眠に効果的な入浴

毎日の習慣的な行為『入浴』。

入浴には様々な効能があります。

眠りを誘う効果的な入浴方法を御存知でしょうか。

お湯の温度、入浴時間、入浴する時間帯。

入浴の偉大なパワーで、安らかな眠りを獲得しましょう。

関連エントリー

入浴の効果 安眠に効果的な入浴温度と時間 入浴する時間帯と床に就くタイミング シャワーで快眠 足浴の快眠効果