快眠への扉 Top >  快眠のための寝具と環境 >  自分に合った枕の高さを測ろう

自分に合った枕の高さを測ろう

スポンサードリンク

 理想とされる枕の高さは人によって異なります。枕を選ぶ際、自分の感覚だけに頼ることに不安を感じる人は自分に合った枕の高さを測ってみましょう。


 枕の高さは体型によって変わってきます。つまり、太っているか、やせているのか、首が短い又は長いのか、後頭部が出っ張っているのかなどで、その人に適した枕の高さが決まります。


 枕の高さを決定する指標となるのは、「頚椎弧(けいついこ)」です。頚椎弧とは、首を支える7つの骨(第1から7頚椎)のカーブのことで、この深さに個人差があるのです。


 枕を専門に取り扱っている店では、専任のピローフィッターのいるところがあり、その人達は特製のスケールで頚椎弧を計測します。個人で測る場合のはかり方を以下に紹介します。


枕の高さの測り方
 ①一人では難しいので、二人一組になって計測します。測ってもらう人は、まずリラックス
  した状態で立ちます。そのときに3~4m先の床を見るようにします。


 ②測る人は、第7頚椎(首の付け根のゴリゴリした突起部分)の位置から垂直に手のひら
  を立てます。立てた手のひらと、くびれた首筋との隙間の一番深いところが頚椎弧の深さ
  となります。


 ③この頚椎弧の深さを測定する際は、②の状態で人差し指と中指の間に定規か割り箸を
  はさみ、その長さを読み取ります。


 ④③で読み取った長さが、その人に合った「枕の高さ」となります。

参考:『ぐっすり眠る!37の方法』狩生聖子著 (宝島新書)
    『手づくり安眠枕の本』(日本ヴォーグ社)

         

快眠のための寝具と環境

寝具と寝室環境。これらと睡眠との間には深い関係があります。

人生の3分の1を眠って過ごすことになる私たち人間。

寝具と寝室環境の大切さについて、もう少し気を配る必要があるのではないでしょうか。

関連エントリー

快眠とベッド(マットレス)との関係 快眠・安眠に適した枕とは 自分に合った枕の高さを測ろう 枕の素材 枕の種類 快眠・安眠に適した掛け布団とは 快眠・安眠に適した敷布団とは 寝床内環境とは(掛け布団と敷布団の組み合わせ) 寝具の手入れ・メンテナンス 寝間着・パジャマ 快眠・安眠と寝室環境① 快眠・安眠と寝室環境②