快眠への扉 Top >  睡眠障害 >  周期性四肢運動障害 - 睡眠中に手足が勝手に動き出す

周期性四肢運動障害 - 睡眠中に手足が勝手に動き出す

スポンサードリンク

 「周期性四肢運動障害」とは、自分の意志とは関係なく、睡眠中に手足が同じ動きを繰り返す症状を伴った睡眠障害のことです。「睡眠時ミオクローヌス症候群」とも呼ばれています。


 一般的に手よりも脚の方に症状が出現しやすく、足の親指がのびたり、反り返ったり、筋肉が周期的に痙攣したり、膝や腰が曲がったりといった動きが数十秒続き、それが20~30分毎に繰り返されます。これらの症状によって、眠りが浅くなり、途中覚醒しやすくなるために不眠の原因となります。


 この睡眠障害は比較的高齢の方、特に60歳以上の方に多くみられます。


 同居する家族に指摘されることを除き、自分では自覚しないことが多いのも特徴です。日中眠気をもよおすため、睡眠時無呼吸症候群と混同する場合もあります。正確な診断には睡眠ポリグラフ検査が必要な場合があります。


 また、周期性四肢運動障害は、むずむず肢症候群や閉塞性睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシーを伴うこともあるといわれています。

 治療方法としては、薬物療法が適用されます。

         

睡眠障害

夜なかなか寝付けない・・・、日中何度も睡魔に襲われ、気がついたら眠っていた・・・、等々。

多くの方にとって、一度は身に覚えのある出来事ではないでしょうか。

でも、このような症状が慢性化したら・・・。睡眠障害と呼ばれるものについて解説していきます。

関連エントリー

睡眠障害とは 不眠症の定義 精神生理性不眠症 不眠症の改善 ナルコレプシーとは 過眠症候群 睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群の原因 睡眠時無呼吸症候群の症状、診断基準・判定基準 睡眠時無呼吸症候群の種類(タイプ) 睡眠時無呼吸症候群の検査 睡眠時無呼吸症候群の治療法 むずむず肢症候群 - 横になると手足がむずむずして眠れない 周期性四肢運動障害 - 睡眠中に手足が勝手に動き出す 夜鷲症 - 突然激しい叫び声をあげて目を覚ます 睡眠相後退症候群 と 睡眠相前進症候群 レム睡眠行動障害とは いびき(鼾) 歯ぎしり 歯ぎしりの原因と治療 金縛り 夢遊病 睡眠障害の治療を行っている医療機関【北海道・東北(秋田、栃木)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【関東(東京、千葉、埼玉)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【北陸(富山、石川、福井、新潟)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【中部(愛知・名古屋、静岡)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【近畿(大阪、滋賀)、四国(香川)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【中国(岡山、広島)、九州(福岡、鹿児島)、沖縄】