快眠への扉 Top >  睡眠障害 >  むずむず肢症候群 - 横になると手足がむずむずして眠れない

むずむず肢症候群 - 横になると手足がむずむずして眠れない

スポンサードリンク

 「むずむず肢症候群」とは、寝入りばなに手足に違和感を感じたり、痛みを感じたり、痺れたり、むず痒くなったりして睡眠が妨げられる睡眠障害のことをいいます。この「むずむず肢症候群」は「レストレス・レッグス症候群」とも呼ばれています。むずむず肢症候群は睡眠時だけでなく、夜になると起こる場合もあります。


 手足を動かしたり、一度起きてその辺りを歩き回ったりすると違和感は殆ど消失しますが、動かすのを止めると再び感覚が戻ってきてしまいます。


 こうなると眠るどころではなくなてしまいます。横になると再び不快感が出現することへの不安も伴い、不眠の症状が助長されてしまう傾向にあります。


 発症するのは中年期以降の人に多く、男性より女性によく見られる傾向にあります。また、一部子どもにもこの症状が認められることもあるようです。


 妊婦やリューマチ性関節炎、貧血症状のある人、透析治療を受けている人に比較的多くみられるといわれています。


 むずむず肢症候群の原因はまだよくわかっておらず、治療方法としては、薬物療法やリラクゼーション法などが適用されます。

         

睡眠障害

夜なかなか寝付けない・・・、日中何度も睡魔に襲われ、気がついたら眠っていた・・・、等々。

多くの方にとって、一度は身に覚えのある出来事ではないでしょうか。

でも、このような症状が慢性化したら・・・。睡眠障害と呼ばれるものについて解説していきます。

関連エントリー

睡眠障害とは 不眠症の定義 精神生理性不眠症 不眠症の改善 ナルコレプシーとは 過眠症候群 睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群の原因 睡眠時無呼吸症候群の症状、診断基準・判定基準 睡眠時無呼吸症候群の種類(タイプ) 睡眠時無呼吸症候群の検査 睡眠時無呼吸症候群の治療法 むずむず肢症候群 - 横になると手足がむずむずして眠れない 周期性四肢運動障害 - 睡眠中に手足が勝手に動き出す 夜鷲症 - 突然激しい叫び声をあげて目を覚ます 睡眠相後退症候群 と 睡眠相前進症候群 レム睡眠行動障害とは いびき(鼾) 歯ぎしり 歯ぎしりの原因と治療 金縛り 夢遊病 睡眠障害の治療を行っている医療機関【北海道・東北(秋田、栃木)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【関東(東京、千葉、埼玉)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【北陸(富山、石川、福井、新潟)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【中部(愛知・名古屋、静岡)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【近畿(大阪、滋賀)、四国(香川)】 睡眠障害の治療を行っている医療機関【中国(岡山、広島)、九州(福岡、鹿児島)、沖縄】