快眠への扉 Top >  体内時計 >  体内時計 あなたは朝型、夜型?

体内時計 あなたは朝型、夜型?

スポンサードリンク

 人間には、朝早く目覚める「朝型人間」と、夕方以降元気になり、夜更かしをして朝起きられない「夜型人間」が存在します。


 朝型と夜型の人を調べてみると、朝型人間は夜9時前には体温が下がりだして深夜の2時頃にはその体温が最低になります。その後上昇に転じて朝8時頃には昼間の体温に戻ります。


 一方、夜型人間の体温は、夜の9時頃までは高く、その後下がり始めますが、朝の8時頃が最低になり、その後急に上昇する傾向があるという結果がでています。


 また、一般的な特徴として朝型の人は、どちらかといえば血圧の高いことが多く、積極的・行動的、食欲も旺盛。逆に夜型の人は、低血圧のことが多く、消極的な性格で胃腸が弱い傾向にあるとされています。


 その人が朝型か夜型かは、体内時計がそのように設定されてしまっているということと、体質的つまり遺伝子的なものによっても決まってくるといわれています。


 夜型の人が朝型へ変わることは不可能ではありません。朝型、夜型というのは決して固定したものではないのです。夜型の人は遺伝的な要因を除けば、体内時計が朝型の人と比べて後ろにずれてしまっている、つまり体温がピークに達する時間が遅いので、そのずれを前にシフトしてやる必要があります。


 「体内時計のリセット法」の項でも触れましたが、この生物時計のずれを修正するためには、光をあびるだけでなく、社会的因子(勉強や仕事、家庭での生活など)や運動によっても可能であるとされています。最初は苦痛を伴うことが多分に予想されますが、いつも起床する時間より早く起きて、仕事に行く前に運動をする習慣をつける、資格取得に向けて勉強をする、習い事をするなど、無理にでも早く起床せざるを得ない理由をつくってしまうことだと思います。


         

体内時計

私たちは自分の体のなかに「体内時計」と呼ばれる機能を持っています。

「体内時計」とは何を意味し、そして私たち人間の活動にどのような影響を与えているのでしょうか。

「体内時計」と「眠り」との関係について解説していきます。

関連エントリー

体内時計とは 体内時計のメカニズム 体内時計のリセット法(体内時計を整える) 体内時計 あなたは朝型、夜型?