快眠への扉 Top >  体内時計 >  体内時計のメカニズム

体内時計のメカニズム

スポンサードリンク

 私たち人間の生活活動全体をコントロールしている体内時計は、どういうメカニズムで時を刻んでいるのでしょうか。多くの研究者の取組みによって、この謎がかなり解明されてきました。私たちの体が持っているリズム、その代表的な行為が睡眠であり、この生活の中で重要な部分を占める「眠り」のコントロールに、どうやらメラトニンというホルモンが関わっていることがわかってきたのです。


 体内時計がうまく機能せずによく眠れない人、睡眠に障害がある人は、このメラトニンの分泌が不足していると考えられといます。メラトニンは、脳にある松果体と呼ばれている器官から分泌されます。私たちが太陽の光を浴びることによって、この光の微妙な変化に松果体が反応し、メラトニンの生成が促進されます。そして、夜になると松果体からメラトニンが分泌されてくるのです。だいたい夜の10時ぐらいからメラトニンの分泌量が増え始め、深夜の2時くらいに分泌量が最大になるとされています。


 このメラトニンは太陽の光を浴びないと生成されません。松果体を刺激するには、室内の蛍光灯では弱すぎるのです。したがって、蛍光灯の光の強さは太陽光に比べて小さいため、体内時計がうまく働きません。体内時計をうまく機能させるためには、太陽光をしっかりと浴びてメラトニンを日中十分につくっておくことが重要です。

         

体内時計

私たちは自分の体のなかに「体内時計」と呼ばれる機能を持っています。

「体内時計」とは何を意味し、そして私たち人間の活動にどのような影響を与えているのでしょうか。

「体内時計」と「眠り」との関係について解説していきます。

関連エントリー

体内時計とは 体内時計のメカニズム 体内時計のリセット法(体内時計を整える) 体内時計 あなたは朝型、夜型?