快眠への扉 Top >  快眠方法あれこれ >  快眠には食事を摂る時間帯が大事

快眠には食事を摂る時間帯が大事

スポンサードリンク

 仕事で忙しく、帰宅は深夜近く。急いでコンビニ弁当を胃に押し込んで、そのまま布団に潜り込む。このような生活をされている方もいらっしゃることと思います。食事をする時間帯が睡眠の質に影響を与えることをご存知でしょうか。


 私たちが眠っている間というのは、本来大脳を休ませるという目的のほか、体の休息という目的も兼ねています。寝る前に物を口にするということは、眠っている間に消化という行為を体に強いていることに他なりません。眠っている間、胃の消化活動は不活発になっているのが普通ですから、当然胃に負担をかけることになります。そして、何より消化管が活発に運動することにより、体を休ませるという眠りの目的の何割かが損なわれることになってしまいます。


 では、就寝のどれくらい前に夕食を食べたらいいのでしょうか。一般的に就寝の3時間前には食事を終えておく方がよいとされれています。動物性タンパク質や脂肪の多い消化の悪い食事中心の夕食の場合、消化に4時間以上かかるともいわれています。


 あまりにも早い時間に夕食を済ませてしまったばかりに、床に就く頃には空腹で、なかなか寝付けないこともあろうかと思います。この場合、無理に眠ろうと思っても、頭が冴えて中々寝付けません。これは消化管に血液がいかない分、頭に血液が集まってしまうためです。こういうときは消化のよい食べ物を中心に少量口にするとよいと思います。具体的には半熟卵、温めた牛乳、サラダなどです。


 『 快眠に適した食べ物 』の項で、睡眠物質のメラトニンを体内でつくり出すにはタンパク質が多く含まれる食事に配慮すべき、ということについて触れました。しかし、夕食時にこれらのものをしっかりと食べても、すぐメラトニンがつくられるわけではありません。しっかり消化吸収される昼食時に食べる方が望ましいのです。朝と昼にしっかり食べて、夕食は消化のよいものを中心に食事のメニューを考える、というスタイルが眠りに配慮した食生活のあり方だといえるでしょう。

         

快眠方法あれこれ

良質な睡眠を得るには、様々な要素が関係してきます。

それらを個々に解説していきながら、それぞれの要素が「眠り」にどの程度関係しているのかを知っていただきたいと思います。

快眠への一助となれば幸いです。

関連エントリー

入眠儀式で睡眠モードを作りだそう 快眠に適した食べ物 快眠には食事を摂る時間帯が大事 朝食と睡眠の関係 運動と快眠 寝る前の軽いストレッチで熟睡しよう 昼寝の効果 コーヒー、タバコと睡眠 お酒と睡眠 呼吸法で快眠 アロマテラピーで快眠 栄養素と睡眠(ビタミンB群) メラトニンの効能(快眠サプリメント) セントジョーンズワートの効能(快眠サプリメント) バレリアンの効能(快眠サプリメント) 牛乳の安眠への効果 レタスで快眠? チョコレートで快眠? 不眠と漢方薬 不眠に効くツボ 快眠と音楽 快眠と読書 筋弛緩法で快眠 食材の香りで眠りを誘う