快眠への扉 Top >  「眠り」のしくみ >  夢の謎

夢の謎

スポンサードリンク

 人間は眠っている間に夢をみます。なぜ人間は夢をみるのでしょうか。


 この夢の解明に多くの科学者や心理学者が挑んできました。ある説によれば、無意識に押さえつけられている欲望、欲求がレム睡眠中に夢になって現れるともいわれています。このような夢を見るからこそ、たとえ現実世界で欲求・欲望が満たされなくとも、心のバランスを保って生きていけるとされているのです。


 最近の脳科学で言われていることは、「その日の出来事を脳が情報として整理し、新しい情報のうち重要なものを、記憶として脳に蓄えている」ということです。このときに脳のなかでは、過去の記憶もランダムに思い起こし、新しい記憶とのすり合わせも行っているために、つなげてみると突拍子もないストーリーになって夢に現れるというのです。


 また、莫大な情報を捨て去るために夢を見る、という説もあります。脳の負担を減らすために睡眠中に不要な情報を捨てて、負担を軽減しているという考え方です。この説では、夢は記憶から消去された情報が現れたものであるとされています。


 これ以外にも、夢を見る理由や夢の存在意義に関した説は様々あり、夢の謎は深まるばかりです。

         

「眠り」のしくみ

私たちは一晩のなかで、「深い眠り」と「浅い眠り」を交互に繰り返しています。

なぜ2種類もの眠りが存在しているのでしょうか。

また、なぜ睡眠中に夢を見るのでしょうか。

眠りのしくみについて解説していきます。

関連エントリー

睡眠の周期(ノンレム睡眠とレム睡眠) 「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」 レム睡眠とノンレム睡眠の役割 夢の謎 赤ちゃんの睡眠 高齢者の睡眠