快眠への扉 Top >  「眠り」のしくみ >  「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」

スポンサードリンク

 「レム睡眠」とは、一般的に浅い眠りのことを言いいます。「レム」とは「Rapid Eye Movement」を略したもので「急速眼球運動」と訳されています。この状態では、眼球のぴくぴくした動きが見られ、顔の筋肉がヒクヒクとけいれんのように動く場合もあります。


 また、レム睡眠の時は、体の筋肉が弛緩している状態(脱力状態)で、外界からの刺激に対して鈍くなっています。私たちはこのレム睡眠期に夢を見ています。


 一方「ノンレム睡眠」は、深い眠りのことを言いいます。「ノンレム」とは「レム」が無いということなので、瞼の下で眼球が動くことはありません。ノンレム睡眠は脳(大脳)がリラックスした状態になっており、大脳が休息するための睡眠ともいわれます。


 ノンレム睡眠の間は、レム睡眠の時のように体の緊張が完全になくなるわけではありません。レム睡眠時に覚醒すると「金縛り」になることがあるのに対し、ノンレム睡眠時に起こされると寝ぼけてしまうことがあります。


 「ノンレム睡眠」は、この期間中に現れる脳波のパターンによって4段階に分けられています。就床してから睡眠に入るまでのまどろんでいる段階で半覚醒状態(段階1)、本格的に眠りに入った状態(段階2)、そして熟睡の状態(段階3および段階4)の4つの段階です。段階1から段階4に至るまで徐々に眠りが深くなっていきます。段階3ないし4の眠りになると、少しくらいの物音では目が覚めず、たとえ起きたとしても一瞬自分がどこにいるかわからなかったり、すぐに眠りに戻ってしまったりという状態になります。


 眠り始めてから翌日目覚めるまで、「ノンレム ⇒ レム ⇒ ノンレム ⇒ レム ⇒・・・・」というようにノンレム睡眠とレム睡眠を交互に繰り返していきます。そして、この「ノンレム ⇒ レム」の1つの周期が約90分といわれています。


 上記で触れたように熟睡している状態はノンレム睡眠にみられます。しかも段階3ないし4の深いノンレム睡眠においてしか得られませんから、質のよい睡眠つまり快眠を得るためには、いかに段階3・4の睡眠を多くとるかにかかっています。この深いノンレム睡眠は、寝入りばなの2周期(3時間)の間にその殆どが出現するため、この3時間をしっかり眠ることが大切になってきます。その後、ノンレム睡眠は周期を繰り返す毎に、徐々に眠りの深さを浅くしていきます(質の悪い睡眠になっていく)。

 この寝入ってからの3時間(90分×2)は、その重要性から「黄金の3時間」とも呼ばれたりします。

         

「眠り」のしくみ

私たちは一晩のなかで、「深い眠り」と「浅い眠り」を交互に繰り返しています。

なぜ2種類もの眠りが存在しているのでしょうか。

また、なぜ睡眠中に夢を見るのでしょうか。

眠りのしくみについて解説していきます。

関連エントリー

睡眠の周期(ノンレム睡眠とレム睡眠) 「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」 レム睡眠とノンレム睡眠の役割 夢の謎 赤ちゃんの睡眠 高齢者の睡眠